iPhone14の発表日は9月7日!気になる噂の最新機能まとめ

スポンサーリンク
話題

米Apple社がスマートフォンの最新モデル「iPhone 14シリーズ」の発表イベントを、9月7日に開催することを目指しているとの情報が出ています。これまで9月頃に発表されることは確実視されていましたが、ついに具体的な日程が明らかとなりました。いよいよ新型iPhoneのお披露目です。

新・信長公記 視聴率低迷で打ち切りか!歴代ワーストを更新!!
King & Princeの永瀬廉が主演する日テレ日曜ドラマ『新・信長公記~クラスメートは戦国武将~』の第4話が8月14日に放送されました。以前から視聴率の低迷が報じられていましたが、ついに同局ドラマにおける歴代ワースト記録を更新してしまったようです。
馬場咲希がかわいい!モデル顔負けのスタイルにくぎ付け!!
ゴルフの全米女子アマチュア選手権で、初出場の馬場咲希選手(日本ウェルネス高2年、17歳)が優勝しました。日本勢として、1985年の服部道子さん以来、37年ぶり2人目の快挙です。ゴルフの実力だけでなく、175cmの高身長でスタイルが良すぎると話題になっています。
楽天モバイルの赤字が止まらない!契約者離脱で崩壊不可避か!
楽天グループはが決算発表をしました。グループ全体の最終的な損益は1766億円の赤字とされています。楽天モバイルの赤字により、契約者はどんどん離脱しています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「iPhone 14」の発表イベントは9月7日

Bloombergの記者Mark Gurman氏の最新記事によると、iPhone 14は9月7日に発表後、16日に発売予定とのことです。世界中で、発売が待ち遠しいと注目されています。

 




「iPhone 14」の噂の新機能まとめ

米Apple社は毎年、新型iPhoneを発売していますが、やはり気になるところはなにが変わったのか?ですよね。噂されている新機能についてまとめてみました。

最新プロセッサ A16チップ搭載

プロセッサとは別名CPUとも呼ばれますが、要はスマホの頭脳のようなものです。つまり、iPhone 14には最新の頭脳(A16チップ)が搭載されると言われています。正しくは、iPhone 14 Pro / iPhone 14 Pro MAXのみに搭載されるそうです。

 

同じシリーズでチップの使い分けをするのは初めてのことで、これは世界的に影響が出ている半導体不足が大きな要因だと言われています。

 

この最新チップが搭載されると、具体的に何が変わるのか。一つは処理速度の向上。もう一つは充電速度がさらに速くなると言われています。

カメラが進化

まずは、メインカメラについて、これまでよりもさらに大きいセンサーが搭載されると言われています。これもiPhone 14 Pro / iPhone 14 Pro MAXのみに搭載するそうです。カメラのセンサーが大きくなることで、写真の細部がより鮮明となり、暗い場所でも明るく撮影ができるようになります。

 

次に、インカメについて、オートフォーカスに対応すると言われています。オートフォーカスは被写体のボケがなくなり、細部がより鮮明となります。また、より明るい撮影が可能となるレンズを搭載し、より高品質且つ暗所での撮影能力が向上すると言われています。




物理SIMカードの廃止

iPhoneはこれまでハード面では、イヤホンジャックの廃止、ホームボタンの廃止を行ってきましたが、次はSIMカードトレイの廃止が行われる可能性があると言われています。

 

これは、物理的なSIMカードを廃止して、ここ数年で推進されている「eSIM」へ移行すると言うものです。ただし、アメリカの一部のキャリアのiPhoneのみと言われていたり、iPhone 15からという情報もあるため、正確な時期は不明です。

容量2TBモデルの登場

昨年、iPhone13 Proで容量1TBモデルが登場し、写真や動画、アプリをより多く保存できるようになりました。iPhone 14 Pro MAXではさらに大きな容量2TBモデルが登場すると言われています。

 

カメラの性能が向上するにつれて、写真や動画のデータ量が大きくなるため、より大きな容量が必要となります。この史上最大となる容量2TBモデルではデータ量を気にすることなく使うことができるでしょう。ただし、価格はより高額となるはずです。

miniモデルの廃止

これまでiPhoneの最小モデルとして登場していたminiモデルが廃止されると言われています。コンパクトに持ち運べることから一部のユーザーからは支持されていたと思いますが、売上が伸びなかったことが要因なのでしょうか。Appleが理想とする性能を詰め込むことができないから、ということも言われています。

 

iPhone 14 miniが出ない理由は「売れてないから」ではない? | ゴリミー
2022年の新型iPhone(iPhone 14)は、5.4インチ型「iPhone 14 mini」は登場しない見通しだ。「iPhone 14 mini」が登場しない理由は、miniモデルの売れ行き不信が指摘されている。しかしMacお宝鑑定団BlogのDANBO氏は、売上ではなく物理的に作れない、と指摘する。

 

iPhone 14シリーズは、通常モデルにMAXが追加されて「iPhone 14」「iPhone 14 MAX」と、ハイエンドモデルの「iPhone 14 Pro」「iPhone 14 Pro MAX」となるのが濃厚です。


まとめ

米Apple社のスマートフォンの最新モデル「iPhone 14シリーズ」の発表イベントがまもなくとされ、噂されている新機能について紹介しました。

 

次から次へと高性能となるiPhoneですが、最近の物価上昇に伴い、iPhoneも値上げされると言われています。新型iPhone、気になるところですが、購入のタイミングは慎重にならざるを得ないでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました