廣瀬爽彩(さあや)さんをいじめた犯人を特定!名門中学校の生徒だった(旭川)

事件・事故

廣瀬爽彩さんは、北海道旭川市の中学生。2月13日から行方不明になっていましたが、3月下旬に遺体が発見されました。廣瀬さあやさんの残酷な最期を見て、家族や友人は悲しみに打ちひしがれました。

 

廣瀬爽彩さんは、壮絶ないじめを受けていたことが明らかとなっており、精神的に傷を負っていました。広瀬さあやさんを追い込んだ加害者について調査しました。

 

廣瀬爽彩さんをいじめた犯人を特定!

廣瀬さあやさんは2019年の4月から近隣の小中学校の生徒から「いじめ」を受けていました。いじめの内容は「性的」なもの。中学生は思春期にあたり「性」に関して敏感な時期です。

画像:廣瀬爽彩さん

また、広瀬爽彩さんは中学生になったばかりで、色々と不安な中で「性的ないじめ」を受けるようになりました。その時の廣瀬さあやさんの心境を考えたら苦しくて悲しくて仕方なかったことでしょう。

 

そこで、広瀬爽彩さんいじめていた加害者は一体誰だったのか地元の掲示板を調査したところ、実名を特定しました。

失礼します。
個人名判明しました。
〇〇ゆうき、〇〇まほ
ここまでは判明しました。

 

上は、旭川市の匿名掲示板に書き込まれていたものです。「〇〇ゆうき」「〇〇まほ」という2名の名前が確認できました。

詳しい書き込みを見る場合はコチラ 

ウッペツ川だと近文から新道沿いに流れてる川だけど
〇〇まほって春光台の市営住宅に住んでる奴?

 

さらに、「〇〇まほ」という人物は春光台の市営住宅に住んでいることもわかりました。

 

廣瀬さあやさんをイジメていた人物は、A子、B男、C男でした。また、その他にもD子、E子という広瀬爽彩とは別の中学校の生徒も加わっています。

「〇〇ゆうき」「〇〇まほ」という人物がこの5名の中の誰かで、広瀬爽彩さんをいじめていた人物だったのかもしれません。

 

広瀬爽彩さんは名門中学の生徒だった!

掲示板によると「メディア旭川」という旭川市の出版社で、廣瀬さあやさんの事件が取り上げられていたことが判明しました。

この板の『旭川市内の名門中学でイジメで自殺未遂。教師全員隠ぺい』スレにもどうぞお越しください。被害者同じ子です。地元民ですが、こんな大きい事件が話題にならなかったり、周知されなかったことに戦慄。メディア旭川だって、そんなに市民読まないよ・・・

 

「メディア旭川」は地元民にとっては有名な出版社ですが、県外の人が読む確率は非常に低いでしょう。しかし、メディア旭川という地元の週刊誌では、廣瀬爽彩さんの通っている学校は名門中学校だったと公表していたことがわかります。

 

名門中学校に通っていた廣瀬爽彩さん。勉強に打ち込む中、得意の絵を描くなど日々努力していたのでしょう。

画像:廣瀬爽彩さんが描いた絵

 

そして、さあやさんをいじめた加害者も同じく名門中学校の生徒。頭がよくてもやることは陰湿で非道でした。反省していないあたり、ターゲットを変えて同じことを繰り返すかもしれません。

 

当時、廣瀬爽彩さんは心が悲鳴を上げていて、お母さんに「死にたい」と相談するものの何をされていたかまでは話しませんでした。いじめの内容は到底母親に話せるような内容ではありませんでした。

 

毎日辛くて辛くて仕方がなかったのに、お母さんの前では気丈に振舞っていた廣瀬さあやさん。中学生が「死」について考えるなんて本当に辛かったことでしょう。加害者生徒を許すことはできません。

広瀬さあやさんの叔母はTwitterで悲痛な思いを語る

廣瀬爽彩さんが行方不明となり、必死に捜索を続けてきた叔母のちゃむ(@chichihamuhamuh)さん。ビラ配り、情報提供、捜索活動などに励み、必死に姪である爽彩さんを探し続けました。

 

しかし、爽彩さんは帰らぬ人となり悔しい思いと悲しい思いで苦しんでいます。

爽彩さんの叔母のちゃむさんの加害者たちに対する憎しみは計り知れません。それでも「二度とこのようなことがないように。いじめは絶対に許してはいけない」と発信しています。

 

廣瀬爽彩さんのご冥福を祈るとともに、人を死に追いやるいじめがなくなることを祈ります。

コメント